So-net無料ブログ作成

初春大歌舞伎 [日々]

自腹では行か(け)ないシリーズ(シリーズだったのか?)
今回は歌舞伎(お弁当付き)

地下鉄東銀座の駅の改札を出て3番出口に向かうと
もうそこは歌舞伎座の地下につながっていました。
そこにはもうお雛様が飾られていました。
雛人形歌舞伎座地下.jpg
左には「雛のつるし飾り」右には「吉徳大光」の7段飾り
綺麗でした。最初から良いものを拝見させていただきました^^

そこは地下2階、1階まで続く長いエスカレータを上がって
歌舞伎座です。
歌舞伎座正面.JPG
近すぎて全景が撮れず、更に人も沢山。
開場まで5分ほどあったので道を渡って全景を確認。
歌舞伎座.JPG

開場されたみたいで人が入っていくのが見えたので戻って入場
入ってすぐの正面上に凧が飾ってありました。
歌舞伎座中.JPG

中には売店もあり、お土産はもちろん、アルコールもありましたが飲みませんよ。
今回は昼の部で午前11時開演して終了が16時
これだけ長時間いるのだから色々必要ですね。

さて舞台は上演中の撮影は禁止なのでその前に3階から
歌舞伎座舞台幕.JPG
幕も何種類かあり、開演前に説明もありました。

能や文楽は見に行ったことあるけど歌舞伎をちゃんと見るのは初
イヤホンガイド借りようか悩んだけど借りずに鑑賞。
能より言葉はっきりしているし、無くても楽しめました。
ちなみに文楽は国立能楽堂は平成18年からパーソナル字幕、
国立文楽劇場は平成17年から舞台上方スクリーン字幕が
導入されているようです。
文楽はスクリーン字幕が導入されてから行きました。
便利だなぁって思ったものです。
能は薪能と国立能楽堂でないところで鑑賞したのでどんな感じか未経験。
歌舞伎座ではイヤホンガイドか字幕ガイドを借りるシステムでした。

2幕目が終ると30分の幕間があるのでそこでお昼。
喫茶やお食事処もありましたが今回はお弁当
歌舞伎座弁当.JPG
お茶は「茶歌舞伎」裏には「ゆるり茶」、箸袋も歌舞伎仕様
日本料理ほうおうの特別折詰弁当
ほうおう弁当.JPG
幕間に座席で飲食OKでした。
幕間30分でお食事処などで食事するには幕間が短いと思う…

3日間デトックス [ダイエット]

クリスマス前くらいから肌荒れ、かぶれたみたいに赤くなり痛痒い。
耐え切れず、皮膚科に行って診てもらい
抗アレルギー剤とビタミンB2の補給剤の飲み薬と
ステロイド入りの塗り薬を処方してもらった。
一番ひどいときには赤くなってるところが腫れて
片目が一重になるほどに腫れた。
仕事収めの頃には肌はほぼ正常に戻ったのだけど
仕事始めの日に、基礎化粧からファンデまで、
今まで使ってたのを使ったら、またちょっと怪しい感じに…
何年も使っていたのに急に合わなくなった感じです。
その他、未病状態のだるさや不快さのもあり、
更に年末年始の飲食で体も重くなっていたのでデトックスを決意。

葛とミネラルウォーターならいくらでもOKの3日間の半断食。
3日というのは毒素を排出するのに必要な日数らしいです。
今までファスティングとか1日も出来たことが無かったのだけど
今回は1日目から体調不良、寝ている時間が長かったからか
あまりお腹も空かず、1日目終了。

2日目もまだ体調悪く、寝ている時間が多かったので
あまり空腹感もなく、ただ、ただ、だるいまま終了

3日目なんかすっきり体が軽くなってきた
空腹を感じるも葛湯をいくらでも飲めたので何とか終了。
肌の調子も戻り、重かった身体も戻せた感じです。

葛は葛以外のものの入っていないものを使用。
(砂糖とか澱粉とか入っていないもの)
2日目後半からは味覚も敏感になったのか
プレーンの葛湯でも、3日目には白湯でも甘さを感じたりして
カリウム不足を防ぐため梅干を入れた葛湯のときもありました。
それがさらにとても美味しく感じました。
葛は500gで3日持ちました。

【葛粉】吉野本葛(極上品) 500g【RCP】


【葛粉】吉野本葛(極上品) 500g【RCP】





そして3日をかけて徐々に食事を戻し元の食生活に、
その後なにやら調子良いです。

基本健康体なので全て自己責任の下に行いました。
身体に少しでも不安がある場合は
やはりお医者さんの指導の下ですべきでしょう。

不思議な箱 [ソニー・ソネット]

関東での正月最後の日、トップページに現れました。
ピンクの
不思議な箱.jpg
不思議な箱
実はこの前日にも緑のが出現していたのです。
ソネットさんからのお年玉かしら。
ささやかではありますがお気持ちはありがたく、
本年もよろしくお願いいたします。