So-net無料ブログ作成
検索選択

歯科から耳鼻科へ [日々]

年明けの歯科検診で、前回レントゲン撮ってからだいぶ経つので
中の様子を見ましょうとレントゲンをとりました。
歯の方は特に治療の必要もなかったのですが
右の鼻腔が白く曇っているから副鼻腔炎の可能性がある
もし希望されるのなら原因となっている菌を除去する抗生物質飲んでみますか
そんな提案を受けて、確かに鼻はもともとあまり調子良くないのもあり
歯医者でクラリスとムコスタとビオフェルミンを処方してもらいました。
2週間分処方されて、ではまた次回の検診で
と、それで終わる。

実際の飲んでみて鼻の調子はすこぶるよくなりました。
2週間の薬飲み切って、さらに2週間問題なく
ただそのあとまたなんとなく鼻の不調を感じ耳鼻科に行くことにしました。
耳鼻科で歯医者でのレントゲンと処方された薬も話をしたら
一般的に副鼻腔炎で処方されている薬ですね。
と歯医者での処方に間違いはなかったようす。
その後診察してもらうと喉の炎症があり、
もしかしたら風邪とかのひき始めの可能性もあるので
まずは一週間薬を飲んで炎症が引いてから中がどうなっているか見てみましょうと
クライスとムコダイン一週間分の処方されてました。
炎症ひかずさらに一週間。
そのあと少し炎症が引いたのでクラリスの服用回数を減らしてさらに1週間
問題なければレントゲンを撮る予定が
またぶり返し、またクラリスの服用回数増やして一週間
炎症が引いたのでついにレントゲン撮影に。
なんだかんだ一か月かかりましたが以前白く曇っていたとこはクリアに
もう大丈夫ですね。薬も出しませんし、これで最後です。
と、無事終了です。

副鼻腔炎は慢性化するといわゆる蓄膿症と言われる
なかなか治らなくなくて困っている人が多い病気になるようなのだけど
幸い慢性化する前に治ったようです。

なんとなく調子悪くて耳鼻科(今回とは別の)に行ったことはあったのだけど
なかなか的確な診断は難しいのか、本当に治ったと実感できたことなかった。
でも今年に入ってからの治療でこんなにもすっきりするんだと
今まで耳鼻科でレントゲン撮ったことなかったし、
鼻腔とか外からわからない炎症とかだと適格な診療も難しいのかも?と思った。
なにより今回は歯科検診で鼻のことまで指摘してくれた歯医者さんに感謝です。
歯医者に言われたと言っても「歯医者でぇ?」みたいな反応をすることもなく
(たまにいるよね、他での診断や患者の話を信用しないで独断で判断する医者)
レントゲンを最初に撮り直しとかではなく、レントゲンの回数は極力減らそうと
炎症があるときにレントゲンを撮るとまた白く写るからからと
先に薬を処方して、外からわかる鼻と喉の炎症がひいてからレントゲンとしてくれた
今回の耳鼻科さんにも感謝です。

クロネコウェットティシュー [日々]

クロネコポイントが失効する前に今回はウェットティシューにしました。
クロネコウェットテッシュ.JPG
ウェットティシューは何かと重宝するしね。
消耗品への交換もありかもって思ったり。


ニョロ花開花 [日々]

12月初めにニョロ花開花しました。
にょろ花開花2016.JPG
日が出ている間だけ花が開き、日が沈むと花びらが閉じます。
そして日が経つと花の色も褪せて「うつりにけりないたづらに」
一週間ほどで悲しいことに...開花日が週末で良かった。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。